HOME


プレコ一覧

楽しい舌戦

私的鑑賞

分類と同定

飼育解説

繁殖データ

プレコトムスの写真
ヒポストムス属

アンキストルス

バラアンキストルス

バリアンキストルス

ペコルティア1(タイガー系)

ペコルティア2(スポット系)

ヒパンキストルス

ヘミアンキストルス

スコビナンキストルス

レポラアカンティクス

プセウドアカンティクス

ヒポストムス

その他

@pypo-ang.JPG
pypo-ang.JPG (15777 バイト)
ヒポストムス属
一般にヒポ又はサッカーと呼ばれるグループ。
この亜科はプレコを二分するグループで鰓蓋にトゲがなく、可動もしないのが特徴だ。
一般的にアンキストル亜科の魚は、網で掬うと鰓蓋のトゲにひっかかってしまうが、本亜科はそれがない。比較的大型の種が多く、地味とはいえ見栄えがする。

写真説明
@アンジエリカスの名で購入した。
まだ5cm程度の幼魚であり同定は難しいが、鰓にトゲがなく、可動もしないのでこのグループには間違いなさそうだ。成魚は30cmを越えるようなので成長を待つしかない。
スター系プレコのスポットは幼魚の時は大きく数も多いが成魚なるにつれまばらで小さくなる。
Aワームスポット・アンジエリカス。
アンジエリカスには何種かいるが、写真の種は一番価格が安いほうだ。高級種のほうに名前を偽ったニセ物に注意したい。

飼育ワンポイント
いずれも丈夫な種だ。
一般的にプレコはどの種も高温や酸性の強い水には弱い傾向があるが、鰓蓋にトゲのないこの亜科はこれらの水質に強いものが多い。
特に、サッカー・プレコと呼ばれる養殖個体は顕著な強さを示す。
しかし、天然個体や幼魚はサッカーのようなわけにはいかない。30度以内の水温と中性の水質を維持すれば状態よく飼育できる。
どの種もプレコフードで充分飼育できる。
歯にもトゲがなくアクリル水槽でも飼育できる。しかし、大型種が多く水草レイアウトを壊すパワーがある。

Apypo-WSA.jpg
pypo-WSA.jpg (12535 バイト)

アンキストルス

バラアンキストルス

バリアンキストルス

ペコルティア1(タイガー系)

ペコルティア2(スポット系)

ヒパンキストルス

ヘミアンキストルス

スコビナンキストルス

レポラアカンティクス

プセウドアカンティクス

ヒポストムス

その他

プレコ一覧

楽しい舌戦

私的鑑賞

分類と同定

飼育解説

繁殖データ